購入の手引き

ご要望にぴったりの物件のご紹介はもちろん、資金計画の立案から売買契約のサポート、住宅ローンのお申込の代行まで、不動産取引を知り尽くしたスタッフがお客様をバックアップします。

住まいのご購入の流れ
STEP5

住宅ローンを申し込みます

住宅ローンは、お客様の内容や購入する物件によってご利用いただける種類が異なります。
スター・マイカ・レジデンスでは住宅ローンお申込みの代行も行いますので、お気軽にお申付けください。

住宅ローン手続きの流れ
売買契約の締結

売買契約締結後、すみやかにローンのお申込みをおこなっていただくため、ローン申込書に必要事項をご記人の上、申込み時に必要となる書類を事前にご準備ください。

ローンのお申し込み

お申込み代行の場合、スター・マイカ・レジデンスのスタッフが金融機関の窓口へのローン申込書と必要書類を提出します。 金融機関は申込まれたローン内容で融資が可能かどうか審査いたします。

融資承認

お申込みいただいたローン内容が承認されると、金融機関より融資承認が通知されます。 売買契約に定められた融資承認期日前に通知を受け取れるよう、注意が必要です。

ローン契約の締結

融資実行の前に、金融機関との間で金銭消費賃借契約を締結します。

ローンの実行

残金決済に合わせてローンが実行されます。金融機関は購入物件に抵当権等を設定いたします。

ローン手続きに必要な書類

■買主様の印鑑証明書(3ヶ月以内交付のもの)
■買主様の所得証明書(源泉徴収票・住民税課税決定通知書等)
■物件に住むことになる家族全員が記載された住民票
■連帯保証人が必要な場合、その印鑑証明書・所得証明書
■共有名義の場合、その名義人の印鑑証明書
■収入合算者がいる場合、その印鑑証明書・所得証明書
■売買契約書の写し(原本の提示も必要)
■登記簿謄本(土地・建物)
■公図・実測図
■建物図面

※必要書類は、物件・契約内容等により多少異なります。必ず事前にスター・マイカ・レジデンスにご確認ください。

住宅ローンの種類

住宅ローンはさまざまな組織や金融機関等で取り扱われており、それぞれに特徴があります。
どのローンを利用すればよいか、経験豊富なスター・マイカ・レジデンスのスタッフにご相談ください。

公共住宅融資 ■財形住宅融資 ■自治体融資

フラット35 ■銀行 ■信用金庫 ■モーゲージバンク等

民間住宅融資 ■都市・地方の銀行 ■ネット銀行 ■保険会社 ■信用金庫 ■信販会社等

固定金利型と変動金利型

住宅ローンの金利には、大きく分けて「固定金利型」「変動金利型」「固定金利選択型」の3タイプがあります。
どのタイプにもメリットとデメリットがありますので、金利情勢などを踏まえて検討するとよいでしょう。

固定金利型 完済するまで借入金利が変わらないため毎月の返済金額も変わりません。
返済計画が立てやすい一方、変動金利や短期間の固定金利に比べて長期間の固定金利は高くなる傾向があります。
変動金利型 返済期間中の金融情勢に連動して金利が変動します。これに伴って返済金額も変更されますが、資金計画への大きな影響がないよう、返済額の見直しには一定のルールが設定されています。
長期間の固定金利に比べて金利が低い傾向があるため、元金返済が早く進む可能性があります。
固定金利選択型 変動金利型をベースに固定金利型を組み込んだタイプです。
借入から一定期間を固定金利とし、設定した期間が終了した時点で、改めて固定金判型と変動金利型のどちらかを選択できます。(商品の内容は金融機関により異なります。)
元利均等返済と元金均等返済

住宅ローンの返済方法の代表的なものに、「元利均等返済」と「元金均等返済」があります。
それぞれに特徴があるため、完済までの収入・支出やライフスタイルの見込みなどを踏まえて検討するとよいでしょう。

元利均等返済
「元金+利息」の返済額が一定のため、返済計画が立てやすくなります。
また、元金均等返済に比べて、返済開始当初の返済額を少なくすることができます。
一方、同じ返済期間の場合、元金均等返済よりも総返済額が多くなる、借入金残高の減り方が遅い、といったデメリットがあります。
元金均等返済
「元金+利息」の返済額が一定のため、返済計画が立てやすくなります。
また、元金均等返済に比べて、返済開始当初の返済額を少なくすることができます。
一方、同じ返済期間の場合、元金均等返済よりも総返済額が多くなる、借入金残高の減り方が遅い、といったデメリットがあります。
STEP6

金銭消費貸借契約

住宅ローンの承認がおりましたら、借入先の金融機関と金銭消費貸借契約(ローンの借入れ契約)を交わします。

銭消費貸惜契約時にご用意いただくもの

■実印 ■銀行印 ■通帳 ■売買契約書 ■印紙 など

※借入金融期間により異なります。スター・マイカ・レジデンスのスタッフよりご案内させていただきます。

STEP3・4へ
STEP7へ

リノベーション物件のご相談なら、スター・マイカレジデンスへ